映画鑑賞メモ №587

ジャック・メスリーヌ フランスで社会の敵No.1と呼ばれた男 Part 2 ルージュ編(2008/仏)
ジャック・メスリーヌ フランスで社会の敵No.1と呼ばれた男 Part 1 ノワール編(2008/仏)

b0050473_23433998.jpg犯した罪があまりにも多すぎて、映画1本では納まりきれなかったフランス犯罪王 ジャック・メスリーヌのほとんど実話の物語。

Part 1が114分、Part 2が132分。
同時公開なので続けて根性で観てきました。

1959年、アルジェリア戦争に行ったジャック・メスリーヌは
上官の命令で初めて人を殺した所から始まり、
脱獄4回32回の強盗、殺人、誘拐を繰り返し、
巧みな変装によって別名【千の顔を持つ男】、
1979年11月2日、パリで警官隊(ほとんど軍隊です)の銃撃により壮絶な最期を遂げるまでを描く。

脱獄が4回って、、、ルパンじゃないんだから、、、
そんなヤツが実在したってことが驚きだが、
脱獄後、無謀にも仲間を助けに行ったり、気前がいいので(?)女子にもモテたり
自伝を書いてみたり(日本でも翻訳されてます)、義賊なんていう人もいるそうだけど、
やっぱり相当のワルでした。

演じたヴァンサン・カッセル、体重20キロ増量(おおっ、デ・ニーロ・アプローチ!)オドロキのメタボ腹で、
ヴァンサン・カッセル自体の顔ってどんなんだっけ?とわからなくなるくらいな迫真の演技。

メスリーヌの恋人を演じたそれぞれのフランス人女優も味があって
肝が座っている感じでそして美しく大変良いなぁ。

原題:【MESRINE: L'INSTINCT DE MORT/MESRINE: PART 1 - DEATH INSTINCT】
原題:【MESRINE: L'ENNEMI PUBLIC N°1/MESRINE: PART 2 - PUBLIC ENEMY】
日比谷TOHOシャンテ
監督:ジャン=フランソワ・リシェ
原作:ジャック・メスリーヌ
脚本:アブデル・ラウフ・ダブリ/ジャン=フランソワ・リシェ
出演:ヴァンサン・カッセル/セシル・ドゥ・フランス/ジェラール・ドパルデュー/
    リュディヴィーヌ・サニエ/マチュー・アマルリック

枯葉の季節はフランス映画でござりまする。
来週、ジェラール・フィリップの『赤と黒』、観に行きます(予定)。
ジュリアン・ソレル、ジュリアンです←名前そのものが薔薇しょってるでしょ(笑)。
[PR]

  # by ruiji3 | 2009-12-02 00:41 | European Cinema

シルク・ドゥ・ソレイユ 【 Corteo 】

エンターテイメントバブルな我が家(by gloriaさん)←ナイスです(笑)。
11月10日のZET に引き続き
原宿新ビッグトップで公演されている【 Corteo 】に行ってきました。

実は、11月10日は結婚記念日でした。
私、シルク・ドゥ・ソレイユの夢のような世界にどっぷりハマって、
毎年のことながらこの日のことをすっかり忘れておりました。

2週間くらい前は今年は忘れないようにしなくちゃ、、、、なんて思っていたのに、
当日、どういうわけか忘れちゃう。

それなのにA型オットはしっかり憶えていて、
毎年律儀にお花を買ってきてくれます。
A型オット、服装なんてまるっきり無頓着で空手黒帯、正直で真面目なのが取り柄で
今はだいぶん慣れたと思うけど(毎年のことなので)
お花を買ってくるのもきっと照れくさいだろうと思われるそんな硬派な良いヤツです。

だのにだのに妻(自分)は今年もやっぱり忘れた。
しかも今年は、オット、最近調子に乗って走っている妻に
な~~~んとジョギング用の帽子を買ってきてくれました。
色柄ともに私の好きな感じの帽子で、オットにしては3重丸なプレゼント!
ありがたや、ありがたや。

考えてみたら私、(考えてみなくても)オットに結婚プレゼントを贈ったことがなかった。。。
それで、こりゃいかんと珍しく反省して
シルク・ドゥ・ソレイユ 【 Corteo 】を二人で見に行こうと思ったわけです。

そう思ったら即実行な私、すると無理だと思っていた3連休の初日のチケットをゲット!!!

11月21日、人混みでごった返す原宿へ二人でGO!でした。
b0050473_15135298.jpg

で、【 Corteo 】 はどうだったのかというと・・・。
どうしても先に観た方が感動度は高くなってしまうでしょうが、
やはり【 ZET 】の方が会場も含めて全てにおいて素晴らしかった。
どっちにしようかな?と悩んでいる方がおられたら、
即答で【 ZET 】を見よ!と答えます。

オットは、【 Corteo 】でも「すごいねっ」と感動していたものの、
今度は二人で【 ZET 】だっ!と心に決めた妻でした。
(あ~っ、年内はバブルがはじけるので、できれば来年にでも・・・かしらね・・・)
[PR]

  # by ruiji3 | 2009-11-23 15:26 | Others

映画鑑賞メモ №586

先週は映画を3本鑑賞。
しかも日にち映画館も別々、、、というのは初めてかも。

b0050473_17221621.jpg副王家の一族(2007/伊)
19世紀半ば、イタリア統一前後のシチリアが舞台。
副王とは、ヨーロッパで国の領土や海外植民地に置かれた国王代理を務める高位行政官のこと。
物語の主軸にあるウセダ家はブルボン家の末裔。

そのウセダ家の家長、「愛」がシンボルマークで今年活躍した(笑)武将とは真逆な人で、
観ていて「むかつく~~っ!」って思うほど、本気で「憎悪」が人の為になるって思っている人だった。

そんな父の下で育った息子もどこかねじれていて、、、
美しい舞台や衣装が薄れてしまうくらい「権力」に固執し
醜く愚かで、胃もたれしそうな作品だった。

原題【 I VICERE】(=総督たち) 渋谷ル・シネマ
監督: ロベルト・ファエンツァ
出演:アレッサンドロ・プレツィオージ/
    ランド・ブッツァンカ/クリスティーナ・カポトンディ

ウセダ家のお屋敷は現在も尚カターニア街の中心に残っているそうで、
撮影も1800年代の建築が残るその街で行われたんだとか。

一度は行ってみたいシチリアであります。

+++++++++++++++++++++++++


THIS IS IT (2009/米)
b0050473_17233551.jpg実は美容院と病院へ行く間の時間消化の為に鑑賞。
DVDの特典映像として公開される予定であったドキュメンタリーということで、軽い気持ちで見ていたのだが・・・

どっこい、これが、、、ウルウルになっちゃった。

MJの為に集合したあらゆる部門のプロの集団。
あとほんの少しで最大級の声援と喝采に包まれたであろう彼等達。
それが叶わなかったと思うとなんだか涙が出てしまった。

ホンモノのコンサートには遠く及ばないけど、
音響が良い映画館で観たほうが、
マイケルの息遣いや幻になってしまったコンサートの臨場感を味わえると思う。

巷の噂では2度3度と鑑賞している人が多いとか。
コンサートに行っているみたいに、
♪♪♪I'll Be There ♪♪♪ 手を上げて唄いたいです。くっすん。

原題【THIS IS IT】 立川シネマシティ
監督:ケニー・オルテガ

『ダンスが上手いだけじゃ選ばれないんだ、華がなくては選ばれない。』
そんなダンサーの一人に日本人もいたが、マドンナとの契約があり出演できなかったそうで、
マドンナはMJの死後、コンサートでそのダンサーKento MoriをメインにおいてMJの曲を披露しています。


+++++++++++++++++++++++++


イングロリアス・バスターズ(2009/米)
b0050473_17241711.jpg予告編を見る限り、もう少し茶目っ気がある映画かな?
と思っていたのだが、予想外に真面目で静と動が絶妙なバランスのタランティーノが描く戦争映画。

静の部分で徐々に心拍数が高くなり、動の部分で血みどろなって発散する方式はさすがタランティーノ監督。
あっ、この人は最後まで生き残ってほしい…っていう人に限ってタラちゃんってば容赦なく殺していくんだよなぁ…。

カメオ出演的なマイク・マイヤーズ、
普通すぎてつまんな~い。
この人の場合、可笑しな事をやってくれそうで、どうしても「笑い」を期待してしまう…。

原題【INGLOURIOUS BASTERDS】 立川シネマシティ
監督・脚本:クエンティン・タランティーノ
出演:ブラッド・ピット/ダイアン・クルーガー
    クリストフ・ヴァル/メラニー・ロラン
    ツティル・シュヴァイガー(『ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア』等)
[PR]

  # by ruiji3 | 2009-11-22 17:26 | American Movie

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE