RDJ短期集中映画鑑賞週間 Part14

先日の日曜日、私が住んでいる東京都下のかつては武蔵野の原野だった某市某町の
商店街がお祭りだった。
まーーーったく盛り上がり欠けるしょぼいお祭りなのだが、
それでってわけではないけど(たぶん)
近所のツタヤが旧作レンタル半額セールをやっていて、
お祭り広場より遥かに大勢人がいて、私も嬉々としてダウニーJr.の作品をレンタル!

まとめて観たので、忘れないうちにまとめて3本備忘録。

ナチュラル・ボーン・キラーズ (1994/米)
b0050473_13511162.jpg血圧・血糖値・心拍数が上がり、成人病の持病がある人は
鑑賞を避けたほうがいいと思われる作品。
好き嫌いは置いといて、今でも新鮮で力はあると思う。
本物の刑務所で撮影されて、そこの囚人達がエキストラ出演しているんだそうで・・・すごすぎる。
ダウニーJr.、スター記者役。
キレてる濃い顔の出演者に囲まれて、軽薄でピエロみたいな役を演じて良い仕事しとります。
『愛が微笑む時』と『オンリーユー』と同じ時代の作品っていうのが驚きで、それぞれ違和感がないダウニーJr.。
特典映像のインタビュー・シーンがものすごく痩せていて、
『ワン・ナイト・スタンド(1996)』を撮影している頃なのかな…。
監督:オリヴァー・ストーン 原案:クエンティン・タランティーノ
脚本:デヴィッド・ヴェロズ/リチャード・ルトウスキー/オリヴァー・ストーン
音楽:トレント・レズナー
出演:ウディ・ハレルソン/ジュリエット・ルイス/ロバート・ダウニー・Jr/トミー・リー・ジョーンズ/
    トム・サイズモア/ロドニー・デンジャーフィールド

相続人(1997/米)
b0050473_1592318.jpg有能な弁護士が罠に嵌り堕ちていくサスペンス映画。
人気作家ジョン・グリシャムが書き下ろしってことに銘打っているわりに、オチがミエミエで「やっぱりね」という感想。
ダウニーJr.、弁護士の私立探偵役で、見方なんだか敵なんだか判断しがたい雰囲気で好演しているのに、全て中途半端な気がする、ロバート・アルトマン監督。。。もったいない。
同監督とは『ショート・カッツ(1994)』でもお世話になっているダウニーJr.であった。
出演:ケネス・ブラナー/エンベス・デイヴィッツ/ダリル・ハンナ/
ロバート・ダウニー・Jr/ロバート・デュヴァル/トム・ベレンジャー
追跡者 (1998/米)
ハリソン・フォードがリチャード・キンブルを演じた『逃亡者(1993)』のサイド・ストーリー。
b0050473_1550686.jpgキンブルは、列車事故にまぎれの逃亡するが、ここでは飛行機事故で犯人(ウェズリー・スナイプス)が逃亡。
色々とバージョンアップしてるけど、職人指揮官ジェラード警部のお馴染み部下達も顔を見せ、捜査の現場雰囲気があって
なんだか嬉しい。
ダウニーJr.は、そんなチームワーク満点なジェラード警部組の仕事を監視するヤッピーなロイス外交保安局捜査官役。
ジェラード警部の正しい役職は連邦筆頭副保安官なのね。
米国の犯罪捜査取締機関は今一つ不明。
監督:スチュアート・ベアード
脚本:ジョン・ポーグ
音楽:ジェリー・ゴールドスミス
出演:トミー・リー・ジョーンズ/ウェズリー・スナイプス/ロバート・ダウニー・Jr/
    ジョー・パントリアーノ/ダニエル・ローバック/トム・ウッド/イレーヌ・ジャコブ

トミー・リー・ジョーンズ/トム・サイズモア/ロドニー・デンジャーフィールド/
ウェズリー・スナイプス、いずれもダウニーJr.とは2度目の共演。
ダウニーJr.の場合、けっこうそういうパターンが多く、
彼の人柄が垣間見えると思うのですよ。うふっ。
[PR]

  by ruiji3 | 2007-07-24 12:12 | RDJ Movie

<< RDJ短期集中映画鑑賞週間 P... RDJ短期集中映画鑑賞週間 P... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE