黄昏 (1981/米)

デイヴ・グルーシンのオープニングの曲が聞きたくて、なんとなくレンタルしてきた。

b0050473_19581852.jpgアクション映画が好きなオットは、この手の映画を私が観ていると、いつもだとそそくさと寝てしまうのに、珍しく最後まで観ていた。
途中、キャサリン・ヘップバーンの手をみて
「ずいぶんシミだらけの手だなぁ・・・。」とつぶやき、
「そのうち私の手もあんなふうになるんだよ」と言うと、
私の左手をとって撫でてくれた。
***********************************
ちょっと呆けているせいか、娘の結婚相手の子供と一緒にボートに乗っているのに、つい妻の名前をよんでしまう夫、
よく言われている事だけど、お互い空気のような存在になっているノーマンとエセルの老夫婦なのだが、
老齢になり避けることができない死という現実を前にしての姿勢が心に残った。

ノーマンが突然倒れた時、初めて現実として死を思ったエセルが
ノーマンに「感想は?」と聞かれ
「妙な感じ、寒いというか、でも思ったほど悪くない、怖いよりむしろ安らかで
天国に行くのも悪くなさそうだけど・・・」と言って泣きながらノーマンにすがるエセル・・・。

願わくば、これからもオットと穏やかに暮らしていきたいな・・・
とつくづく思ったのでありますよ。

監督:マーク・ライデル   原作・脚本:アーネスト・トンプソン   音楽:デイヴ・グルーシン
出演:ヘンリー・フォンダ/キャサリン・ヘプバーン/ジェーン・フォンダ/ダグ・マッケオン/
    ダブニー・コールマン
[PR]

  by ruiji3 | 2007-03-12 20:39 | American Movie

<< ゴーストライダー(2007/米) ルイーズに訪れた恋は・・・(2... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE