フランケンシュタイン(1994/米)

b0050473_0121210.jpgフランケンシュタイン博士をケネス・ブラナー、博士の手によって作られたクリーチャー(創造物)をデ・ニーロが演じているこの作品、ホラー映画というよりゴシックな原作を生かしたヒューマンドラマといった感じ。

クリーチャー・デ・ニーロが、「彼(博士)は名前すらつけてくれなかった」といって、醜い顔をゆがめてさめざめと泣く最後のシーンは、さすがに胸がつまり、哀しいのなんのって。。。
どんなにあがいても愛されない現実、人間の業の醜さ、あやふやな自我、やり場のない怒り・・・を背負って生まれたクリーチャーの深遠な悲しみが表現されいて、せつない作品です。

この作品のデ・ニーロ・アプローチ
「俺は怪物くんだっ!だっ!たっ!」・・・とにもかくにも怪物君になりきることっ!?
監督兼任のケネス・ブラナーは、公開当時は34歳、デ・ニーロは51歳。
いつのまにか50歳を過ぎていたデ・ニーロであった。ふむ。

監督:ケネス・ブラナー  原作:メアリー・シェリー
脚本:スティーヴン・レディ/フランク・ダラボン  音楽:パトリック・ドイル
出演:ロバート・デ・ニーロ/ケネス・ブラナー/トム・ハルス/ヘレナ・ボナム=カーター/
    エイダン・クイン(←声が好き!)

b0050473_0125793.jpg実は、お恥かしいことに、かなりずっとフランケンシュタイン=怪物と思っていたオトボケさんでありまして、
だーーーーって、藤子不二雄Aアニメの「怪物くん」には
フランケンという名前の怪物が出ていて、、、
実に紛らわしい、、、藤子センセイの「A」も複雑だし。
♪俺は怪物くんだ、怪物ランドの王子だぞ♪
そして、唄える自分が哀しい・・・。
[PR]

  by ruiji3 | 2006-07-27 00:13 | De Niro Movie

<< からくりからくさ 恋におちたら・・・(1993/米) >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE