映画鑑賞メモ №589

今年も出遅れてしまったが、、、
皆様、謹賀新年でござります。


既に忘却進行形の映画鑑賞メモ
(あまり映画館へ行けなかったですが・・・)

パブリック・エネミーズ(2009/米)
ジョニデ、帽子かぶる時もカッコつけてました。
ヴァンサン・カッセルの泥臭いジャック・メスリーヌと比べてると、
ジョニデが演じたエネミーはジェントルマンでスマートすぎる感じ。
時代と国が違うせいでしょうか・・・。
クリスチャン・ベイルがまたもや渋い捜査官(スティーヴン・ラング)に
美味しい所を持っていかれてたけど、彼が演じた実在の人物も悲しい顛末だったのですね。ふむ。
*memo* オープニングタイトル曲:テン・ミリオン・スレイヴス(オーティス・テイラー)


理想の彼氏(2008/米)
バツイチ子持ち女子のある意味シンデレラチックな物語と申しませうか・・・。
離婚を機に始めた仕事が順調に進むって所が何よりシンデレラしているし、
そんな彼女の恋の相手である今一つ頼りない年下王子が、
どんな風に成長にしていくのか、、、なるほどそうきたかという感じで、
年下でも彼が大人であったのが何よりであったよ。ぐふぐふ。


2012(2009/米)
もうすっかり忘却だが・・・。
地球がとんでもないことになった意外にコミカルな人類滅亡物語。
面白かったけどね。


以下、 ***DVD鑑賞***

b0050473_23575890.jpgヒットマンズ・レクイエム(2007/英・米)
コリン・ファレルはあまり好きじゃないけど、
この作品の彼は良いです。
なんとなくではあるがどこかジョニー・トー監督に通じる絶妙な間を感じ、多少まったりして地味だけどハードボイルドの真髄と言ってもいいような作品であるよ(おおおっ?!)。

3時10分、決断のとき(2007/米)
1957年に公開された作品のリメイク版なんだそうで、
3D作品が台頭し始めた2009年に西部劇を見る。
劇場で観たかったな。

その土曜日、7時58分(2007/米・英)
それぞれの俳優の名演技。まいりましたっ。

レイチェルの結婚(2008/米)
主演のジャンキー娘を演じたアン・ハサウェイが浮いてたな。
彼女の姉役のローズマリー・デウィット(←TVドラマに出演してますね)が好きです。

G.I.ジョー(2009/米)
けっこう枠役に渋い人を持ってきているのに、何故にこんなにつまらんの???
シエナ・ミラーとかジョナサン・プライスとかデニス・クエイドとかさぁぁぁぁ。。。
み~んなトホホな感じなのねぇぇぇ。
で、ヒース・レジャーを飄々とおとなしくした感じのジョセフ・ゴードン=レヴィット君も出演。
一番トホホな役なんだけど、あえて太字にしちゃったもんね。
最近の一押し俳優だもんね。うふっ。
ジョセフ君の新作、『(500)日のサマー(2009/米)』がもう少しで公開でーす。わ~い。



ここの所、なんだか忙しい。
な~んでこんなに忙しいかっていうと、理由があるっ。
年甲斐もなく某資格試験を受けようかと思っておりまして、、、
勉強(←懐かしい響きだ)しております。お~っ!?
なんてことない試験なのだが、マドンナやマイケル・ジャクソンよりも年下だけど、
たいして変わらん年なので(ひゃぁ)、
記憶力集中力がもうすっかり低下している自分、
神社やお寺でそれぞれの神様に合格祈願をしちゃったりしたお正月なのでありました。。。

今年もどうぞよろしく。
[PR]

  by ruiji3 | 2010-01-04 00:17 | American Movie

<< 映画鑑賞メモ №590 映画鑑賞メモ №588 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE