映画鑑賞メモ №588

アンヴィル!夢を諦めきれない男たち(2009/米)
b0050473_22242480.jpgマイケル・ジャクソンの「THIS IS IT」は自分でも
予想外に感動してしまったが、この作品も涙が出ちゃうほどぐっときた音楽系ドキュメンタリー。

ヘヴィメタルバンド【アンヴィル】結成30年、
それほど長くバンドを続けているのはストーンズとザ・フーだけなんだそうで、
このバンド、ヘヴィメタの世界では知る人ぞ知る存在なのに、時代の波に乗れなかったのか単に運が悪かったのか今だに下積み生活。

もう50歳を過ぎたオッサン二人なんだけど
音楽のことを語る時の目が子供のようにキラキラしていて、二人とも人柄が良すぎて業界人に利用されてんじゃないかって心配になるくらい純粋。

男同士の友情には観ていて照れくさくなるほどだが、私としては彼等を支えている家族の存在も忘れてはならないと思った。

監督:サーシャ・ガヴァシ(「ターミナル」(脚本)
出演:スティーヴ・“リップス”・クドロー/ロブ・ライナー

アンヴィルが大勢の日本のファンの前で伴奏しているシーンを見ると、
その昔、アメリカでは今ひとつ人気がなかったチープ・トリックが
日本でのコンサート(武道館ライブ)がきっかけでブレイクしたことを懐かしく思い、少し遠い目・・・。

大袈裟なんだけど自分の人生を振り返ってみたり、大切な人の事を思い出してみたり、、、
マニアックなヘヴィメタバンドのジャンルを超えて、
大切な事がたくさん隠されている作品であるよ。
[PR]

  by ruiji3 | 2009-12-03 23:27 | American Movie

<< 映画鑑賞メモ №589 映画鑑賞メモ №587 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE